10月27日(金)午前
一般講演
9:00-9:12
2A-1 外国産クロシデムシNicrophorus concolor Kraatz, 1887 (Coleoptera, Silphidae)から見出されたPelzneria属のヒゲダニについて
○ 田神一美(筑波大学)・黒佐和義(東京都豊島区)
9:12-9:24
2A-2 東南アジア産ハエダニ類(トゲダニ亜目:ハエダニ科)の分類と地理分布
○ 高久元(北教大・札幌)・L. A. Corpuz-Raros(フィリピン大学ロスバニョス校)・Sri Hartini・Dhian Dwibadra(インドネシア科学院)
9:24-9:36
2A-3 水槽飼育淡水魚の体表より得られたササラダニについて
○ 島野智之(宮城教育大学・EEC)・山本佳範(和歌山盲学校)・森田達志・出井朋子(日本獣医生命科学大学・獣医)・伊澤伸元(中央動物専門学校)
9:36-9:48
2A-4 ミズナラを取り巻くダニ
○ 佐々木富也・高久元(北教大・札幌)
9:48-10:00
2A-5 キツネノカミソリの球根からプールミズコナダニを分離
○ 桑原保正(京都学園大学バイオ環境学部バイオサイエンス学科)
10:00-10:12
2A-6 日本産ウズタカダニ科の新記録種
○ 青木淳一(東京都)
10:12-10:24
2A-7 ロビンネダニ異型雄のSancassania mycophagusへの攻撃性
○ 伊藤奈央・天野洋(千葉大・応用動物昆虫研究室)
--------------------[10:24-10:48 休憩]--------------------
10:48-11:00
1A-8 アトボシキタドロバチの増殖と発育に及ぼすヤドリコナダニの影響
○ 岡部貴美子・牧野俊一(森林総研)
11:00-11:12
2A-9 トマトツメナシコハリダニの発育と増殖に及ぼす温度の影響
○ 北村登史雄・本田健一郎(野菜茶業研究所)・田中寛(大阪府立食とみどりの総合技術センター)
11:12-11:24
2A-10 千葉県におけるビワサビダニの発生生態と防除
○ 三平東作・上遠野冨士夫(千葉県農総研セ)・田中千華・下條美加(千葉県安房農林振興セ)
11:24-11:36
2A-11 農業従事者ができる実践的ハダニ計数法の検討
○ 豊島真吾(果樹研)・高梨祐明(東北農研)
11:36-11:48
2A-12 ハダニ類の空中分散行動とその空気力学的解析の試み
○ 刑部正博・磯部浩子・梅田幹雄(京大院・農)
11:48-12:00
2A-13 非休眠種であるモクセイマルハダニはどのように冬を越すのか?
○ 北嶋康樹・後藤哲雄(茨城大・農・応動昆)
12:00-12:12
2A-14 ナミハダニのマイクロハビタットにおけるメタ集団構造の動態
○ 上杉龍士・刑部正博(京大院・農学研究科地域環境科学専攻生態情報開発学分野)
12:12-12:24
2A-15 サボテンヒメハダニBrevipalpus russulus における Protandry(雄性先熟)について
○ 千吉良敦史(広島大学・生物圏科学)・三浦一芸(近畿中国四国農業研究センター、広島大学・生物圏科学)
12:24-12:36
2A-16 公園緑地の蘚苔環境におけるササラダニの多様性
○ 栗城源一(奥羽大学・生物)・原田洋(横浜 国大・教育人間科学)
12:36-12:45 閉会挨拶
TOPページに戻る