第13回日本ダニ学会大会 プログラム

案内
9月17日(金)
09:00 1
ゴミムシ由来ヒゲダニの飼育経験
田神一美(筑波大)
09:12 2
クワガタムシとクワガタナカセの分子共種分化
五箇公一(国立環境研)・岡部貴美子(森総研)・小島啓史(ニフティ昆虫フォーラム)
09:24 3
飼育ブンチョウの巣に大発生したツメダニ
長堀正行(飼育野鳥病院)
09:36 4
ホオジロ科から見いだされた複宿主性ウモウダニ
黒木知美(尼崎市・小田保健センター)
09:48 5
植林年度の異なる林間放牧地内の土壌性ダニ類の比較
大竹秀男・後藤邦生(宮城農短大)
10:00 6
ミカンハダニの幼虫発育に及ぼすチトクロムP-450阻害剤の影響
竹山康平・刑部正博(京大院・農・生態情報)・森直樹(京大院・農・化学生態)
10:12 7
ダニ類におけるcrinosterolの分布と生合成
村上健二郎(京大院・農・応用生命)・栗城源一(奥羽大・生物)・刑部正博(京大院・農・生態情報)・桑原保正(京都学園大)・森直樹(京大院・農・応用生命)
10:24〜10:40
休憩
10:40 8
ケナガカブリダニにおけるマイクロサテライトマーカーの開発
日本典秀・前田太郎(生物研)
10:52 9
コナダニ類におけるneral及びgeranialの生合成とその関連酵素の分布
野下浩二・森 直樹・西田律夫・桑原保正(京大院・農・応用生命)
11:04 10
アトボシキタドロバチヤドリコナダニのsmall male-small maleはなぜ必要か
岡部貴美子(森林総研)
11:16 11
最近多い眼瞼皮膚炎における家塵ダニ(HDM)アレルギーの役割
中山秀夫(中山皮膚科クリニック)
11:28 12
3種屋内塵性ダニ成虫に対する脱酸素剤の致死効果
亀崎宏樹・佐々木義昭(中外製薬・トイレタリー研究G)・大橋和典・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)
12:00〜13:00
昼食休憩
13:00〜14:00
総会
14:00〜15:00
特別講演「奈良県でのハダニ類の化学的防除の現状と改善への取り組み」
國本佳範(奈良農技センター)
15:00〜15:30
写真撮影
15:30〜15:48
休憩
15:48 44
湿原性ササラダニの飼育成績II
栗城源一(奥羽大・生物)
16:00 13
ケナガカブリダニがハダニの卵を好むのはなぜか
古市裕美・奥圭子・矢野修一・刑部正博・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)
16:12 14
ケナガカブリダニの行動形質および生活史形質の個体群内変異の解析
前田太郎・日本典秀(生物研)
16:24 15
吐糸を介したナミハダニとミカンハダニの種間関係
森本健次・刑部正博(京大院・農・生態情報)
16:36 16
物理的な構造物がカブリダニの行動に及ぼす影響−ミヤコカブリダニの反応−
川島充博・天野 洋(千葉大・園芸・応動昆)
16:48 17
カブリダニはハダニの歩行経路を辿れるか?
矢野修一・刑部正博(京大院・農・生態情報)
17:00 18
カンザワハダニの寄主選好性 -捕食回避の視点から-
奥圭子・矢野修一・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)
17:12〜17:20
休憩
17:20 19
施設ナス圃場におけるキイカブリダニを用いたミナミキイロアザミウマ防除の試み
古味一洋(高知農技セ)
17:32 20
和歌山県の落葉果樹におけるハダニ類の発生
森下正彦(和歌山果試)・夏見兼生(有田普及センター)
17:44 21
農薬散布体系の異なるリンゴ樹上におけるダニ類の発生消長
木村佳子・石栗陽一(青森農林総研りんご試)
17:56 22
導入カブリダニ類が放飼されたリンゴ園における土着カブリダニ類の種構成
望月雅俊(農環研)
18:08 23
トマトツメナシコハリダニの各種薬剤に対する感受性
北村登史雄・河合 章・本多健一郎(野茶研)
18:30〜
懇親会(大学会館内大学生協)

9月18日(土)
09:00 24
Ornithodoros moubataのヘモサイトにおける成長因子PDGF-ABおよびTGF-βの存在
松尾智英(杏林大・医・感染症)・クラウディア セルート・藤崎幸蔵(帯畜大・原虫研)
09:12 25
Action of defensin in Ornithodoros moubata (Acari:Argasidae)
Yoshiro Nakajima(茨城大・農)・DeMar Taylor(筑波大・生命環境)and Minoru Yamakawa(生資研)
09:24 26
マダニ Ixodes scapularisに共生するCFB細菌の増殖によって発現量に影響を受ける宿主細胞遺伝子の探索
中村有希(茨城大・農)・加藤康仁(日本化薬)・T.J.Kurtti(ミネソタ大)・今西重雄・三田和英(生物資源研)・後藤哲雄(茨城大・農)・野田博明(生物資源研)
09:36 27
マダニにおける吸血後のエクダイステロイドレセプターの発現
荻原和真・堀金麻里・DeMar Taylor(筑波大・生命環境)
09:48 28
ネッタイタマニクダニ抗原の短期または長期鼻腔内感作によるマウスの血中IgE抗体
武田富美子・當眞弘・佐藤良也(琉大・医・熱帯寄生虫学)・新川武(琉大・遺伝子センター)・石川明(自治医大)
10:00 29
千葉県におけるマダニ刺咬被害例と原因種
藤曲正登(千葉県・衛研)
10:12 30
房総半島南部におけるタカサゴキララマダニの発生
角田 隆(千葉大・園芸)・落合啓二・浅田正彦(千葉中央博)
10:24〜10:40
休憩
10:40 31
日本産クシゲチビダニ科Sphaerolichidaeについて
芝実(松山東雲短大)
10:52 32
日本産Kawamuracarus属2種の分類学的研究
松本典子・馬瀬俊介(北大院・理・生物)
11:04 33
常陸宮邸におけるトゲダニ相
石川和男(松山東雲女子大)
11:16 34
「チチジマイレコダニ(Oribotritia chichijimensis)の3亜種について(続報)」
山崎修平(山梨総農試)・島野智之・村上敏文(東北農研・畑地利用)
11:28 35
日本における土壌動物研究のためのデータベースの基盤整備 −日本産ササラダニ・データベースORIDASとタイプ標本データベースJtypes −
一澤 圭(鳥取県博)・島野智之(東北農研・畑地利用)・伊藤雅道(横浜国大・環境情報)・伊藤元己(東京大・理)・金子信博(横浜国大・環境情報)
12:00〜13:00
昼食休憩
13:00 36
ブナカツメハダニ3系統における越冬生態の比較
嶋崎明香・後藤哲雄(茨城大・農)
13:12 37
休眠誘起されたナミハダニ雌成虫の卵巣の経時的変化
豊島真吾(果樹研究所リンゴ研究部)
13:24 38
ナミハダニモドキの休眠性における地理的変異と遺伝様式
後藤哲雄・諏訪明之(茨城大・農)
13:36 39
タイにおけるカンザワハダニとナミハダニ(黄緑型)の分布と休眠性
高藤晃雄(京大院・農・生態情報)・Manita Kongchuensin(タイ農務省)・田島隆宣(京大院・農・生態情報)
13:48 40
ナミハダニの生殖不和合性とWolbachia
菅澤 純・後藤哲雄(茨城大・農)・野田博明(生物資源研)
14:00 41
抵抗性遺伝子の連鎖によって引き起こされる「見かけ上の交差抵抗性」
上杉龍士(東大・農)・五箇公一(国立環境研)
14:12 42
野菜類を加害するコナダニ4種の高温耐性
春日志高(学術特別研究員/野菜茶研)・本多健一郎(野菜茶研)
14:24 43
奈良県の施設ホウレンソウにおけるコナダニ類の被害と各種資材での発生状況
松村美小夜(奈良農技センター)

大会トップページへ
最終更新日:2004年9月6日