第8回日本ダニ学会大会プログラム

9月28日(火)

8:40 開会

8:45 1. ハダニ防除を左右するナシ圃場の栽培環境

      ○敏鎌ゆう・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)・井上雅央(奈良果振セ)

9:00 2. ハダニ加害植物の匂いに対する捕食性カブリダニの反応−可塑性と学習・種間比較を通して−

      ○前田太郎・高林純示・矢野修一・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)

9:15 3.ナミハダニの集合性に関する考察

      ○矢野修一・藤原千宴・高藤晃雄・高林純示(京大院・農・生態情報)

9:30 4.カンザワハダニの寿命を左右する要因について

      ○金谷未来・矢野修一・高林純示・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)

9:45 5. カンザワハダニの静止期の長さを決定する要因について

      ○池上陽子・矢野修一・高林純示・高藤晃雄(京大院・農・生態情報)

10:00 6. 有毒植物キョウチクトウに発生するハダニと天敵類

      ○高橋英夫・大橋和典(京大院・農・生態情報)

10:15 7. ナミハダニの交尾時間を決めるものは何か?

      ○佐藤友紀・高藤晃雄・矢野修一(京大院・農・生態情報)

10:30 8. 暖地におけるカンザワハダニの越冬生態

      ○高藤晃雄(京大院・農・生態情報)・森下正彦(和歌山果樹試)

10:45 9. ハウスイチゴにおけるコウノシロハダニの発生

      刑部正博(農研センター)

11:00 10.カンザワハダニの個体群構造〜アロザイム分析からの知見〜

      ○諏訪明之(茨城大・農・応動昆)・五箇公一(国立環境研)・後藤哲雄・永田徹(茨城大・農・応動昆)

11:15 11.モクセイハダニとミカンハダニの種間交雑:遺伝的マーカーとその遺伝様式

      ○北嶋康樹(果樹試・虫害研)・後藤哲雄(茨城大・農・応動昆)

11:30 12.マンゴーハダニの発育におよぼす温度の影響

      後藤哲雄(茨城大・農・応動昆)

11:45〜12:45 昼休み

12:45〜13:30 総会・記念撮影

13:30〜14:15 特別講演

      “Phylogeny and ecology of Acaridae”

      Dr. Barry M. OConnor (University of Michigan, Museum of Zoology)

14:15 13.堆肥から分離されたヒゲダニについて

      田神一美(筑波大学体育科学系)

14:30 14.コクワガタナカセの宿主選択について−宿主地域の特異性−

      古川雅也・熊田正・加賀屋慎吾・○吉田利男(信大・農)

14:45 15.コナダニ科Schwiebea属単為・両性生殖種における生活史の比較

      岡部貴美子(森林総研・九州)

15:00 16.わが国から新たに見いだされた異気門類・無気門類のダニ若干種

      黒佐和義(東京都)

15:15 17.四国の高山帯でみられるマダニ類,とくにシュルツェマダニについて

      熊沢秀雄(高知医大)・石畝 史(福井県衛研)・猿田隆夫(猿田皮膚科)・○高田伸弘(福井医大)

15:30 18.造成緑地土壌のササラダニ相の変移

      小作明則(独協医大医総研)

15:45 19.緑肥作物施用草地における土壌性ダニ類について

      ○大竹秀男・岩井智恵子(宮城県農短大)

16:00 20.東北地方におけるホソミズコソデダニLimnozetes ciliatusの分布について

      栗城源一(奥羽大・生物)

16:15 21.カントウタンポポとセイヨウタンポポの根際のササラダニ類の比較

      ○加藤利奈・青木淳一(横浜国大・環境研)

16:30 22.特異な背毛を有するドビンダニの未知種について

      水谷吉勝(横浜国大・環境研)

16:45 23.Three Tectocepheus species (Acari: Oribatida: Tectocepheidae) from Mongoli

      Badamdorj BAYARTOGTOKH

17:00 24.海岸漂着物から見出されたツツガムシ

      青木淳一(横浜国大・環境研)

17:15 25.ツツガムシ幼虫感覚毛の電顕的観察

      角坂照貴(愛知医大・寄生虫)

17:30 26.ツツガムシ標本の作成法

      鈴木 博(長崎大・熱研)

17:45 27.室内塵中ダニの採集方法と収量

      ○武田富美子・當間孝子・宮城一郎(琉球大・医・保健学科) 

18:00 28.ダニ・アレルギーのある難治型アトピー性皮膚炎患者宅のダニ相検査結果

      ○岩脇明英(MBAダニ研究所)・中山秀夫(中山皮膚科クリニック)・高岡正敏(埼玉衛生研究所)

19:00〜 懇親会(松山全日空ホテル)

9月29日(水)

8:45 29.ゴミコナダニの一種 Caloglyphus polyphyllaeにおける性フェロモンの集合フェロモン活性

      ○清水伸泰・桑原保正(京大院・農・応用生命)

9:00 30.Schwiebea elongataが分泌する誘引/忌避物質としての Neral

      ○西村果倫・清水伸泰(京大院・農・応用生命)・岡部貴美子(森林総研・九州)・森直樹・桑原保正(京大院・農・応用生

命)

9:15 31.Histiogaster sp.の性フェロモン

      ○平岡弘之・桑原保正(京大院・農・応用生命)

9:30 32.ササラダニ油腺分泌物の若虫−成虫間における比較U 酢酸テトラデシルの分布

      桑原保正(京大院・農・応用生命)

9:45 33.ササラダニ体表成分による植物病原糸状菌の生育阻害

      ○島野智之(東北農試・畑地利用)・坂田知世・桑原保正(京大院・農・応用生命)

10:00 34.オビトカゲモドキの体表から見いだされたダニ

      長堀正行(飼鳥野鳥病院)

10:15 35.フナムシに共生するヤリダニ

      高久 元(北大・院理・生物科学)

10:30 36.中国新彊天山山脈におけるボレリア保有マダニ、ricinus‐complexについて

      高田伸弘・○矢野泰弘(福井医大)・石畝 史(福井県衛研)・藤田博己(大原研)・馬 暁航(折江大学)・増沢俊幸

(静岡県大)

10:45 37.輸入マダニ症の3例

      ○宮本健司(旭医大)・斎藤一之(横浜市大)・羽鳥 裕(はとりクニック)・猪又直子・高橋泰英(横浜市赤十字病院

皮膚科)・川口とし子・山本美穂(横浜南共済病院皮膚科)・竹口英文(横浜南共済病院整形外科)

11:00 38.マダニ群集のハビタット利用−植物と土壌−

      ○角田隆(千葉衛研)・高橋正和(国立感染研)

11:15 39.フタトゲチマダニの繁殖における吸血の意義

      ○松尾智英・毛利孝之 (九大・農・動物)

11:30 40.フタトゲチマダニ成虫と若虫の吸血活動における日長の影響の違い

      藤本和義(埼玉医大・医動物)

11:45〜12:45 昼休み

12:45 41.SRKOマウスを用いたマダニ吸血抵抗性獲得機序の解析

      椛本智志(帯畜大)・辻 尚利・神尾次彦(家畜衛試)・鈴木宏志(中外製薬)・豊田 裕・長澤秀行・○藤崎幸蔵(帯畜大

13:00 42.α-Acaridialの強い感作性について

      ○中山秀夫・久米井晃子(中山皮膚科クリニック)・桑原保正(京大大学院農学研究科)

13:15 43.キアシクロヒメテントウの捕食量と産卵数の関係

      ○野澤瑞佳(茨城大・農)・森 克彦(日植防研)・後藤哲雄・永田 徹(茨城大・農)

13:30 44.スイカ栽培でのチリカブリダニによるハダニ防除

      国本佳範(奈良農試)

13:45 45.餌種のハダニが天敵昆虫類の産卵数に及ぼす影響

      岸本英成(果樹試)

14:00 46.千葉県のワケネギ圃場に発生するコナダニ類と化成肥料の影響

      ○根岸知紀(千葉大・園芸)・相良徳康(千葉県東葛飾農業改良普及センター)・天野 洋(千葉大・園芸)

14:15 47.ホソトゲダニ属の一種Hypoaspis aculeiferを利用したホウレンソウケナガコナダニ防除の可能性

      ○春日志高・天野 洋(千葉大・園芸)

14:30 48.ケナガカブリダニの種内DNAマーカー

      日本典秀(蚕昆研)・豊島真吾(千葉大・園芸)

14:45 49.ケナガカブリダニ地方個体群の特性比較

      ○豊島真吾(千葉大・園芸)・日本典秀(蚕昆研)・天野 洋(千葉大・園芸)

15:00 50.ミヤコカブリダニとケナガカブリダニの小実験空間における相互作用の検証

      ○石井由紀・天野 洋(千葉大・園芸)

15:15 51.主要カブリダニ種の分布特性が示す生態的知見

      天野 洋(千葉大・園芸)