第15回日本分類学会連合 公開シンポジウム(2016年1月9日)のご案内

下記の通り日本分類学会連合第15回シンポジウムを開催いたします。お忙しい時期とは思いますが、ふるってご参加いただけると幸いです。

第15回日本分類学会連合 公開シンポジウム
「東南アジアにおける生物多様性研究最前線 〜現在、そして未来〜」

【日時】2016年1月9日(土)13:00~17:30
【会場】国立科学博物館上野本館2階講堂

【プログラム】

13:00〜13:10 開会の挨拶 (村上 哲明)
13:10〜13:25 生物多様性条約と名古屋議定書について(文部科学省ライフサイエンス課)
13:25〜14:00 東南アジアにおける魚類多様性研究 (本村 浩之)
14:00〜14:35 東南アジアにおけるトランセクト法を用いた植物多様性インベントリー (田金 秀一郎)
14:35〜15:10 東南アジアにおける両生類多様性研究最前線 (松井 正文)
15:10〜15:25 休憩
15:25〜16:00 東南アジアの海洋生物多様性:研究・教育への取り組みと最近の成果 (西田 周平)
16:00〜16:35 東南アジアにおける菌学研究・生物多様性情報の集積と課題 (細矢 剛)
16:35〜17:10 熱帯雨林を舞台に躍動する生態学者と分類学者の連携 (市岡 孝朗)
17:10〜17:25 総合討論
17:25〜17:30 閉会の挨拶 (村上 哲明)

 

【参加費】
シンポジウムへの参加は無料です。シンポジウム当日は、国立科学博物館上野本館の職員通用口より入館し、2階講堂にお越しください。ただし、本館内の展示をご覧になりたい場合は、申し訳ございませんが、本館「日本館」地下1階の入館口にて入館料をお支払いください。
会場へのアクセスについては、下記ホームページをご覧ください。
上野本館:http://www.kahaku.go.jp/userguide/access/index.html
職員通用口:http://ujssb.org/sympo/14_sympo_2015/kahaku_access_.pdf

以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本分類学会連合代表  村上哲明