日本ダニ学会誌投稿規程

1. 本誌はダニに関する論文(総説・原著・短報)のほか,資料(Biological data)および大会講演要旨・文献目録・学会記事等を掲載する.また,短い記録・意見・紹介・書評などを収録するための欄「あかりノート」を設ける.
2. 著者には正会員あるいは名誉会員を含むものとする.筆頭または共著者となる非会員の資格は問わない.同一の筆頭著者による論文を同一号に2編以上掲載することは,編集上の支障がない場合に許可することがある.ただし非会員も,海外からの投稿の場合に限り,1報につき5,000円の投稿料を支払った場合,これらの原稿を登載することができる.
3. 投稿原稿は,投稿時に他誌等へ投稿もしくは掲載されておらず,著作権法上問題のないものに限る.原稿の採否は,2名の査読者の意見に基づいて編集委員会で決定する.査読者の意見にもとづいて修正が必要とされた原稿は,著者のもとに返送された後,修正原稿を3ヶ月以内に編集部まで返送することとする.これを過ぎた場合,受付は取り消される場合がある.
4. 電子メールによる原稿の投稿を基本とする.ファイル形式はWordもしくはPDFとする.原稿および投稿票(別途)を指定のメールアドレスに送付する.印字原稿も受け付けるが,その場合は投稿票,印字原稿を指定の宛先に送付する.なお,線画図,写真は原稿と同じファイルに含めてよい(原図は登載決定後に請求).
5. 表は和文原稿においても英文とし,横線のみ用い,縦線は使わない.図の内容・説明は和文原稿においても英文とする.
6. 文献は本文で引用したもののみを記載する.書式は原稿作成要領を参照のこと.
7. 総説は図表を含めて刷り上がり20頁まで,原著は刷り上がり14頁まで,短報・資料は刷り上がり4頁まで無料で掲載する.超過頁代は著者負担とし,別に定める.ただし,依頼原稿はこの限りではない.
8. 校正は初校のみ著者校正とする.この際,誤植などの訂正にとどめ,内容の変更や加筆は認めない.
9. 研究が文部科学省研究費や各種助成金による場合,その旨の但し書きは原稿1枚目の脚注とする.
10. 掲載論文(資料を含む)の著作権は学会に所属する.これらの一部または全部を転載,または電子複写して配布するときは編集委員長による事前の許可を要する.
11. 本規程の変更は編集委員会の議決による.
附則
本規程は1992年1月から施行する.
本規程は1993年10月1日から施行する.
本規程は1995年10月1日から施行する.
本規程は1998年1月1日から施行する.
本規程は2004年4月1日から施行する.
本規程は2009年11月1日から施行する.
本規程は2015年10月1日から施行する.
本規程は2016年1月1日から施行する.
本規程は2016年11月1日から施行する.